晩婚化の原因 

女性の社会進出と若年層の経済的不安定が晩婚化の2大要因

現在、日本では1年で0.2〜0.3歳づつくらい晩婚化が進行しています。

特に女性の場合は、晩婚化の進行が顕著に見られます。

 

この晩婚化の原因は、様々なものがあげられますが、大きく分けると

女性の社会進出』 『若年層の経済的不安定』があります。

 

女性の社会進出が晩婚化の要因

まず、女性の場合は、男女雇用機会均等法が施行されてから、
女性の社会進出は進みました。

 

現在では、大学・専門学校に進学した後に就職する人が多いため、
かつて結婚を意識する人が多かった25歳前後では、女性も仕事の充実、キャリアアップなどの時期と重なり、自然と結婚を敬遠するようになってしまうのでは。

 

また、結婚するだけならキャリアアップの時期と重なっても、結婚に踏み切れるかもしれませんが、結婚の先に考える出産まで視野に入れると、キャリアの中断、放棄と言う選択をせざるを得ない場合も多く、結婚・出産に踏み切れないケースも多いことでしょう。

 

つまり、日本の社会制度、社会の認識では、女性の社会進出と出産育児は、まだまだ両立しにくいため、結婚まで敬遠されてしまい、晩婚化が進んでしまうと考えられるのです。

 

一方、男性の場合は、結婚しない理由として『経済的理由』が最も多いといわれています。

 

経済的理由で結婚できない若い男性

若年層の給与が上がらず、派遣やフリーターなど非正規社員も増えており、自分の生活を維持していくだけで精一杯という人が多いのが現状です。これでは、結婚を考えるどころではありません。

 

若年層の低賃金、非正規雇用は、女性側でも同様で、共働きであっても、思うような収入にならないケースもあるとか。

 

地方では、大学進学率が高くなるにつれ、大学進学とともに都会に出たまま、戻ってこない人が増加傾向にあり、また、田舎に戻っても仕事がないため、再度都会に出て行くケースもあります。

つまり、地方では若年層が定着しにくく、その結果、地元の若者が減少し、、結婚しにくくなっている面もあるのです。

 

このように、女性の社会進出、若年層の経済的不安に加え、長引く不況など、様々な要因が絡み合って、 『結婚』という決断をしにくくさせていることが、晩婚化の原因となっているようです。

 

まとめ

女性の社会進出が進み、自立生活が可能になったこと、長引く不況で特に若年層の経済事情が悪化したことが晩婚化の原因とされています。更に晩婚は少子の原因でもあります。

殆どの若者が当てはまってしまうだけに、事態は深刻といえるでしょう。

自分に合った婚活を選べば、結婚の確率は10倍アップ!

 恋愛に奥手だけど結婚意欲が高いなら

仲人型結婚相談所

 本気の異性が多数!

 だから成婚率が高い!

 仲人が手厚く支援!

 仲人型特集ページ

 積極性があり効率的に婚活したいなら

データマッチング型結婚相談所に向いているタイプ

データマッチング型

 希望の相手を探せる!

 会員数が多い!

 成婚料が発生しない!

 データマッチング型特集ページ

 積極的に出会いを増やしたいなら

婚活パーティのメリットと向いているタイプ

パーティー型

 一度に沢山出会える!

 全国各地で開催!

 好みの催しを選べる!

 パーティー型特集ページへ

 多忙で空いた時間に婚活したいなら

ネット婚活のメリットと向いている人

インターネット型

 24時間活動可能!

 リーズナブル!

 気軽に始められる!

 インターネット型特集ページへ